コスプレ通販山吹へようこそ!

激安ミニ浴衣や超ミニのかわいいコスプレが大好き!コスプレ通販≪山吹≫の女性スタッフ・ナナが綴る、激安情報のオンパレード。男ウケ抜群の衣装や美脚を目指すコスチューム、恋に効く恋愛運アップの裏話などお役立ち情報が盛りだくさん♪

アクセスカウンター

  • 5618総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 1昨日の閲覧数:
  • 9先週の閲覧数:
  • 37月別閲覧数:
  • 5027総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 1昨日の訪問者数:
  • 9先週の訪問者数:
  • 37月別訪問者数:
  • 1.29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2014年10月1日カウント開始日:

キーワード検索

YAMABUKIモバイルサイト

YAMABUKIモバイルサイト 携帯電話でも簡単・コスプレ衣装をショッピング!
QRコードから今すぐアクセス!! 下のボタンからURLを送信できます! URLを携帯に送る

スマートフォン専用通販サイトはこちら!
2016年 3月のアーカイブ

要チェック!コスプレ通販ヤマブキ注目のSALE情報
bn160311


日本で初めてセーラー服を制服として取り入れた学校は、今も京都にある私立学校です。
それは大正9年のことでした。

その頃は着物にちょうちん袴のスタイルが一般的だったので
セーラー襟のついた紺色のワンピース型は、とても話題になったんだそう。


その後、福岡や東京、愛知にある私立学校でも導入されるようになります。
これらの学校は今のセーラー服に近い上下が分かれた型で
リボン付きのものが取り入れられたそうです。

そもそもセーラー服導入のきっかけは、体操教育と大きな関わりがあります。
体操をするためには、着物等の和服よりも洋服が良いと考えられたからだそう。

また、リボンが付いていたり、スカートから感じる柔らかいイメージは
当時の日本教育の理念である「良妻賢母」にピッタリであったことも理由の一つでした。


ただ、この時代に女性が学校に通うことは珍しく
エリートであることも意味したとか。
当然、多くの人がそんな制服に憧れていたようです。

そして当時は今のような制服を作っている会社はもちろんなく
仕立て屋さんがオーダーメードで作ったり、
洋裁の出来る人が生地や材料を購入して手作りしていたんだとか。

学校によっては、上級生が下級生のために
洋裁の勉強を兼ねて作っていたこともあったそうです。

Copyright (C)  YAMABUKI All Rights Rezerved.
ミニ和装やミニ着物が大好きな女性スタッフによるコスプレ通販ブログ